スタディング中小企業診断士講座「経済学・経営政策」攻略のコツ

こーじ
こーじ
「経済学・経営政策」大学で少し勉強したけど、ほぼ忘れた(笑)。こんな僕でも大丈夫かな。

数式が出てきて苦手だという人も多い「経済学・経営政策」。

そんな人もスタディングで効率的に学習していきましょう!

今回は、スタディング中小企業診断士講座「経済学・経営政策」ではどのような学習戦略を立てて、

本科目を攻略するのかについて紹介します

 

↓↓↓ 今なら10%オフクーポン配信中♫ ↓↓↓

スタディング無料登録で10%OFFクーポンGET!!

経済学・経営政策の特徴

デフレ・インフレなどの経済動向や、商品の価格がどのように決定されるのかといった経済活動を扱い、

さまざまな経済活動を理論的に説明するのが「経済学」です。

企業経営においても、経営戦略立案のためには、経済動向を把握し、経済学的な考え方が必要。

なので、中小企業診断士として経営者に診断・助言をするには必須の知識となります。

 

一次試験の最初に行われる科目

中小企業診断士試験では「経済学・経済政策」は最初の一次試験科目。

良いスタートを切るためにもある程度自信をつけておいた方が良いです。

数式を使い理論的な内容

数式を使った理論的な内容が多く苦手意識を持つ人が多い「経済学」。

正直、私も苦手です…。理解していないと解けない問題が多く、難しいです。

問題数が少ない

最近の試験では計25問が出題され、1問あたりの配点が4点。そのため1問の影響が大きくなっています。

ケアレスミスをすると結構な減点になるので要注意です。足切りにならない点を確実に取りましょう。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

スタディングで経済学・経営政策を攻略!

数式を図で理解する

経済学では、経済活動を数式で表します。

数式を丸暗記するのは大変で応用が利きません。そのため、数式をグラフなどの図で理解することがポイント。

最初は講座を聞きながら、図で数式を理解するようにします。

何回かくり返した後、何も見ないで図が書けるように練習をしましょう。

出来るだけ具体例で理解する

経済学は現実の経済現象をモデル化し、数式として単純化したもの。

数式や図だけで覚えようとするのではなく、現実の身近な例に置きかえて考えて、数式や図を具体的な現象として理解するようにしましょう。

まずはミクロ経済学の基本概念を理解

経済学・経済政策には、ミクロ経済学とマクロ経済学という2つの分野があります。

ミクロ経済学は、消費者がどのように商品の購入を決定するのか、企業がどのように生産の意思決定をするのか、個別の消費者や企業の経済活動を扱います。

一方、マクロ経済学は、景気動向や物価、景気対策などの国全体の経済活動を扱います。

スタディングでは、ミクロ経済学で学ぶ需要と供給などの基本的概念が、マクロ経済学の学習でも役に立つため、ミクロ経済学を先に学習し、マクロ経済学をその後で学習します。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

まとめ

スタディング診断士講座「経済学・経営政策」での学習戦略や攻略のコツについて紹介しました。

スタディングで「経済学・経営政策」も効率的に学習してマスターしていきましょう!

 

↓↓↓ 今なら10%オフクーポン配信中♫ ↓↓↓

スタディング無料登録で10%OFFクーポンGET!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。