スタディング中小企業診断士講座「運営管理」攻略のコツ!

現場のオペレーションを扱う「運営管理」。前提知識が無い人にはなじみにくいかもしれません。

そんな人もスタディングで効率的に学習していきましょう!

今回は、スタディング中小企業診断士講座「運営管理」ではどのような学習戦略を立てて、

本科目を攻略するのかについて紹介します

そんな「運営管理」もスタディングなら効率良く学んで合格点を狙うことが可能です。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

運営管理の特徴

生産と販売という現場オペレーション管理に関する知識が問われる「運営管理」。

生産管理では製造業の生産オペレーション、店舗・販売管理では小売業などの店舗における店舗・販売管理を扱います。

現場のオペレーションを知らないと、中小企業への経営コンサルティングができません。

だから「企業経営理論」「財務会計」と並んで重要科目とされているのです。

2次試験にも深く関係

2次試験の事例3「生産・技術に関する事例」は生産管理の内容に、

事例2「マーケティング・流通に関する事例」は、店舗・販売管理の内容(および「企業経営理論」のマーケティング論)に関係します。

2次合格には「企業経営理論」「財務会計」と共に「運営管理」マスターが重要です。

試験時間は90分

企業経営理論、中小企業経営・政策と並んで、時間が長く取られています。(配点は100点で他科目同様)

 

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

スタディングで運営管理を攻略!

優先度の高い部分に時間をかける

非常に幅広いテーマから出題される運営管理。

すべて細かく勉強しようとすると、非常に時間がかかります。出題傾向を基に優先度のメリハリをつけて勉強しましょう。

特に生産管理・販売管理の分野は、実際にはかなり奥深く、細かい部分まで覚えようとすると、覚える事は「無限」。

限られた勉強時間でマスターするのは大変です。

試験では専門的な細かい部分まで知らなくても60点は取れるので、優先度の高い部分を確実に押さえましょう。

具体的な現場のイメージが浮かぶように

具体的な現場のイメージを持つことができれば、覚えやすくなり、2次試験にも対応しやすくなります。

生産管理であれば、工場のイメージを思い浮かべたり、初学者の人は生産や工場の図解入り入門本などを軽く読むのもおすすめ。

普段行くレストランやカフェなどもよきトレーニングの場になります。

注文して料理が作られるプロセスを観察し、需要予測、生産計画、生産のオペレーション、商品開発、品質管理、情報システムなど、一通りの具体的な生産の流れをイメージしてみましょう。

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!

まとめ

スタディング診断士講座「運営管理」での学習戦略や攻略のコツについて紹介しました。

スタディングで「運営管理」も効率的に学習してマスターしていきましょう!

=>「スタディング 中小企業診断士講座」のキャンペーン情報や無料お試しはコチラ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。